話題のブルーベリーサプリメントを

2015-05-24

健康補助食品などは厳しい制約のある医薬品のような売方を展開すると、
俗にいう薬事法や健康増進法に抵触をしてしまう可能性が勿論ありますが、
みんなが見てあからさまに食品の場合でしたら、
関係ないです。


法律の薬事法では、健康サプリメントなどを市場へ出す時に、
医薬品と同列と間違えないような記事の言葉を使うことが重要です。
それを把握しなければ、把握していないところで法律犯しをしてしまっています。


とにかく市販の医薬品等を研究し販売し、
そして販促活動をする場合に見逃すことが出来ないのが薬事法についてです。
保健衛生における活性化を最もな目的として存在している法律となっています。


薬事法に抵触した場合、製造販売会社等の関連メーカーに限らず、
その販促に関係するみんなに、事実の責任を問われることもありますので注意することが必要です。


薬事法に触れてしまった場合に対しての食べ物の販売についての処罰は重いものです。
出荷商品全ての回収などを違法ということで命じられたCASEも全国的に有名なサプリ販売会社であったとしても、
あるので覚えておきましょう。


食べ物の販売についての国の薬事法に抵触した場合に対しての処罰については重くなっています。
大手サプリ販売会社でも、出荷の停止などを違法ということで課せられたCASEもありますのできちんと検討しましょう。

日本の薬事法に

2015-05-23

「使用することによって美容を手に入れることが出来る魅力的なもの!」「10日で10キロ減量する!」など、
薬事法の内容に触れてしまうことに実際の効果を表現する宣伝はなってしまいますので利用してはいけません。


販売をする時、「毎日飲み続けると元気の無い目が解消します!」「驚きの視力回復効果!」などとブルーベリーで作られたサプリを実際の効果の言葉をユーザーに伝えることをしたくなりますが、
これはすべて薬事法を守らなかった表現になります。


販売停止などを万が一薬国の薬事法に抵触した表現がわかった時、
命令されたケースがあるので覚えておきましょう。
広告の大きさが小さかったり大々的とも言える広告を打つことは無いから関係ないなどと考えてはいないでしょうか?

自社アイテムの効果効能を言葉にしてパンフレットやチラシを会社スタッフや知識を理解していない制作会社が作ってしまうととにかく「売りたい!」という気持ちが出てしまい、
いわゆる薬事法違反になる場合もありえます。


薬事法では、健康サプリ等を販売をする時に、
医薬品と一緒にしてしまわないような販促の言葉を使用することが大切です。
それを学ばなければ、理解していない所で違法な行為をしてしまっているワケです。


国が定める薬事法の法令の遵守に対してちょっと理解していない中小の企業が逮捕されるケースも多くあります。
薬事に対する理解が足りなくなっていることで、
理解していないところで法律を犯してしまいます。

市販の医薬部外品が

2015-05-22

健康用品、また健康雑貨などは薬事法で制限されている商品にはなりません。
気を付けたいことが、気軽に購入できる医薬品等などと間違えられてしまうような言葉を用いることをしたり、
コマーシャルをする場合にやってしまうと、
国の薬事法に抵触した表現となります。


医薬品というのは、それぞれの商品毎に入れ物、または個々の被包に表記しなければいけない項目等が存在しています。
この必ず表記する必要のある重要な事項等は「法定表示」と呼んでいます。


「世界的ドクター監修」など、ドクターが開発に関係することを名言し、
販売商品の名称にすることもいわゆる薬事法では、
禁止事項です。
「利用者のクチコミ」として他人からの声であっても、
それは駄目です。


薬事法を知らなければ、ネットサイトのデザインがどんなに良かったとしても、
把握していないところで触れる可能性があります。
製薬業者やクリニック、化粧品や健康補助食品などのそれらの中でも特に注意が必要なのは、
宣伝ホームページです。


販売促進のため社内で理解しないうちに薬事法違反を犯してしまう表現を使用してしまっている場合がけっこう多く、
ヤフーなどのチェックに抵触することによってGoogle村八分になるケースも考えられます。


サイトレイアウトが素晴らしかったとしても、
俗にいう薬事法を理解していなければ、
理解していない所で触れてしまうおそれがあります。
中でも特に集中する必要があるのは製薬業者やクリニック、
健康補助食品やコスメなどのサイトなのです。

薬事法で規制されている

2015-05-21

健康食品、またサプリメントなどは日本における薬事法で規制されているグッズではありません。
ちなみに、いわゆる医薬品等などと誤解を与えるような言葉を使用したり、
宣伝をする場合に実行すると、薬事法の内容に触れてしまった表現となります。


出荷の停止などを万が一薬国の薬事法に抵触した表現が展開された場合、
課せられたケースがあるので検討しましょう。
広告枠がかなり小さかったり大々的な宣伝活動をすることが無いから法律違反では無いだろうと考えていたりしていませんか?

化粧アイテムの使う前や後のイラストや動画などの表現については、
医薬品などのこうかや効能、安心面の会社が保証するような言葉となりますので国の薬事法においては原則的には処罰されます。


マイナー雑誌の広告だったりド派手な広告を展開しないから関係ないなどと簡単に考えてはいないでしょうか?もし薬事法の内容に触れてしまった表現が指摘された場合、
販売延期などを法に則り言い渡されたケースがあるのです。


それらの広報戦略に関わっているの皆さんに、
開発製造、販売をしている業者などの関係しているメーカーに限ったことではなく、
薬事法に違反してしまった場合、
発売の責任を問われることも十分にありますので広告宣伝には注意が重要なのです。


健康雑貨やサプリメントなどは国の薬事法で制限されている対象となっている商品ではありません。
ただし、市販の医薬品などと誤認識されるような表現をつかったり、
コマーシャルをする場合にやってしまうと、
国が定める薬事法に抵触した表現となります。


「安全面に関しては心配はいりません!」「トラブル無し」などといった、
状態や性別、年齢など一切関係無く使用後の効果を期待でき、
さらに安心安全ということを保証する表現は国の薬事法に抵触します。


「1ヶ月で10キロ体重が減る!」「使用を継続することによって年齢の若返りを手に入れることが出来るスグレモノなんです!」など、
効果効能を言葉にする記事は薬事法違反になりますので避けることが大切です。

薬事法が定めることでは

2015-05-16

「安心については心配はいりません!」「トラブルはありません!」などなど、
体の状態や利用者の性別、年齢といったことを関係無く効果を実感することができ、
安心して利用出来るということを保証してくれるような表現は薬事法を守らなかった表現になります。


「医師監修」など、ドクターが研究開発に関係することを名言し、
販売商品の名称にすることも薬事法においては、
禁止事項です。
「利用者の口コミ」として一般の方などからのクチコミでも、
NGです。


日本における薬事法で規制されている健康食品や健康アイテムなどは対象ではありません。
しかしですが、間違えられるような表現を気軽に購入できる医薬品等などと使ったり、
広告を配信する場合に展開してしまうと、
国が定める薬事法に抵触した表現となります。


会社の商品の魅力を厳しい薬事法に違反しない販売促進活動では、
ユーザーに伝えることできなく、
収益がダウンすると思っていたりしていませんか?消費者に良い印象を与える広告を薬事法などを遵守し、
提案することが重要なことです。


ドラッグストアの医薬品などは、
薬品ごとに、容器、専用の被包に絶対に書かなければいけない重要な事項などが決められています。
この記載する必要のある重要事項等は「法定表示」と呼んでいます。


健康用品やサプリメントなどは法律の薬事法で制限されている対象ではありません。
しかしですが、医薬品などと誤認識されるような言葉を表示したり、
広告を配信する場合に展開してしまうと、
国が定める薬事法に抵触した表現となります。


医薬品などを作って販売し、広告活動をする際に兎にも角にも見過ごすわけにはいかないのが俗にいう薬事法です。
保健衛生における躍進を図る目的として今も昔も存在する大切な法律の一つです。


俗にいう薬事法を市販の医薬部外品の存在が、
とってもややこしくしている理由の一つとなります。
薬局で購入出来る医薬品に準ずるような配合成分はありますが、
少ししか実際の効果の事実が事実認められていないのが簡単に購入出来る医薬部外品なのです。

« Older Entries
Copyright(c) 2014 我が子に教えたい薬事法 All Rights Reserved.