日本における薬事法を

2015-03-21

薬事法を守らなかった場合、開発し販売をしている会社等のメーカーなどに限ったことではなく、
それらの販売促進活動に関与する全スタッフに、
違法の責任を問われる場合もありえますので慎重に行うことが必須です。


「一週間後には3-5キロ減量に成功!」「使用することで美しさを自分のものにすることが可能なスグレモノなんです!」など、
得られる効果を言葉にする宣伝文章は薬事法の内容に触れてしまうことになるケースがありますのでご注意ください。


さらに魅力的に自社商品をみせようとする販売の方法をした結果、
薬事法に触れてしまっているとおもわれる販売促進記事がネットサイトの中には結構あるのでご注意ください。


販売促進のため会社で把握していないうちに国から決められた薬事法に抵触してしまう表現を使ってしまっているケースが意外と多く、
Googleなどの検索エンジンのチェックに指摘されてしまうことで登録削除になってしまう場合も考えられます。


目に良いと言われるブルーベリーサプリを販売をする時、
「毎日飲むと不健康な目が改善に向かいます!」「視力アップ間違いなし!」などと期待できる効果の言葉を伝達することしたくなりますが、
すべて薬事法に触れることになります。


かならず市販されている医薬品などを開発、
販売、そして販促活動をする場合に見過ごすわけにはいかないのが法律の薬事法です。
保健衛生をさらに高めることを最もな要因として制定する法律のひとつです。


利益をさらに向上させるため社内の広報レベルで気付いていないうちに薬事法の内容に触れてしまう表現を使っている場合がかなり多く、
yahoo!などの検索エンジンのチェックに触れてしまうことで検索エンジンからの削除になる場合も十分にあります。

社内従業員や

2015-03-13

ネットサイトのデザインが画期的でも、
法律の薬事法を理解していなければ、
理解していない所で触れるおそれがあります。
最も注意が必要となってくるのは医療系エステや製薬会社、
コスメやサプリなどのWebサイトです。


俗にいう薬事法の遵守に対してそこまで意識をしていない中小の企業が取り締まりされることも多く報道されています。
国の薬事法に対する学習が少ない傾向にあることで、
意外な所で法律を犯してしまうのです。


厳しい制約のある医薬品のような宣伝方法をやってしまうと、
健康サプリメントなどは国の薬事法や健康増進法に抵触する可能性が十分にありますが、
ダレが見ても明らかに食品という場合でしたら問題無いです。


「悪影響無し!」「セーフティ面はチェック完了です!」等など、
効能を実感することができ、使用者の性別、年齢等一切問わず安心のものであるということを保証する表現は国の薬事法に抵触します。


薬事法を守らなかった場合、製造業者や製造販売業者などの関係しているメーカーに限らず、
それらの宣伝に関係しているあらゆる関係者に、
発売の責任を問われる場合も考えられますので薬事法には注意が重要なのです。


薬事法が定めることでは、人気ドクター監修など、医師によるアドバイスで開発に関係することを公言し、
その商品の名称にすることも違法なことです。
消費者などからの「愛用者の口コミ」としてクチコミでも、
NGです。

俗にいう薬事法の

2015-03-10

どうしても俗にいう医薬品などを製造開発し、
宣伝をする際に見逃せないのが日本における薬事法です。
保健衛生のアップを要因として存在する国の法律です。


何かと話題になる薬事法で制限されている健康補助食品や健康雑貨などは品目には該当しません。
気を付けたいことが、勘違いされるような表現を市販の医薬品などと提示したり、
広告で展開すると、薬事法に触れてしまった表現となります。


それらの販売促進活動に関係する全ての関係者に、
開発製造、販売をしている会社等のメーカーなどに限らず、
薬事法に触れる場合、広告の責任を問われる場合もありますので薬事法には注意が大切で必要です。


「使用することでエンジング効果を成功することが出来る自信のアイテムです!」「10日で10キロ減量する!」など、
薬事法に触れることに実際の効果を表現するコピーライティングはなってしまう場合もあるので注意してください。


販売停止などを万が一薬国の薬事法に抵触した表現があった場合、
課せられたケースがあるので検討しましょう。
広告が小さかったり派手な広告を出すことは無いから関係ないなどと簡単に考えてはいないでしょうか?

広告枠が小さかったり、派手すぎる広告を展開しないから関係ないなどと楽観視していませんか?もし薬事法を守らなかった表現がわかった時、
販売延期などを出されるケースがあるのでご注意ください。

薬品ごとに

2015-03-06

話題のブルーベリーサプリメントを販売をする場合、
「欠かさず飲むと衰えた目が解消方法へと導きます」「視力回復に効果アリ!」などと実際の効果を世間に伝えることをしたくなりますが、
このような言葉はすべて国の薬事法に抵触します。


社内の広報レベルで把握していないうちに販売促進のため薬事法の違反になる表現を提示している場合が多くなっており、
はじき出されてしまうことにヤフーなどのチェックに触れることでなるケースも考えられます。


より購買力を高めるために自社商品を感じさせる販売方法をした結果、
薬事法に触れると思われる違法の記事がネットサイトの中にはたくさんあるのでお気をつけ下さい。


自社グッズをより魅力に感じさせる営業努力をした結果、
サイトの中には薬事法に抵触すると思われます販促記事がたくさんあるのでお気をつけ下さい。


健康サプリ等を発売する場合に、
国の薬事法においては、医薬品と誤認されてしまわないような販売促進活動の表現を選ぶ必要があります。
把握していないところでそれを理解していなければ、
法律の抵触をしているわけです。


コスメの使用する前や使用後の図面や画像等の表現は、
俗にいう医薬品等の効果、さらに安全性の保証する言葉となりますので法律の薬事法では原則事項として処分対象となります。


ブルーベリーサプリメントを発売する場合、
「しっかりと飲むと不健康な目が解消方法へと導きます」「悩みのドライアイも改善!」などと得られる効果を表すことがしたくなりますが、
このようなことはすべて薬事法違反を犯してしまうことになります。


市販の医薬部外品が、国の薬事法をややこしくしている理由の一つとなります。
薬局で購入出来る医薬品に準ずるような配合成分はありますが、
得られる効果がそこまで大きく実感出来ないのが俗にいう医薬部外品というワケです。

薬事法違反を犯してしまった場合

2015-02-27

健康補助食品、また健康グッズなどは何かと話題になる薬事法で制限されている商品にはなりません。
ご存知では無いかもしれませんが、
気軽に購入できる医薬品等などと間違えられるような表現を提示したり、
広告活動をする際に行ってしまうと、
薬事法違反の表現となります。


国が定める薬事法に抵触した場合、
製造し販売をしている業者などの関連メーカーに限らず、
それらの広報戦略に関わっているの全スタッフに、
発売の責任を問われる場合もありえますので注意が必要となるでしょう。


人気のブルーベリーサプリメントを販売する場合、
「毎日飲み続けると疲れが溜まっている目が改善方向へと向かいます!」「視力回復に効果アリ!」などと実際の効果の言葉をユーザーに伝えることをしたくなりますが、
このような言葉はすべて薬事法に触れてしまうことになります。


あの有名医師が監修など、医師などが開発に関わっていることを名言し、
商品の名前に使用することも国の薬事法においては、
禁止事項です。
「購入者の意見」として消費者などからの意見であっても、
NGです。


薬事法についての従順に対してちょっと理解していない中小の企業が逮捕されることも多く報告されています。
薬事法に対する理解が足りない傾向にあることで、
意外な所で法律を犯してしまうからです。


HPのデザインが画期的だったとしても、
法律の薬事法を理解していなければ、
理解していないところで抵触をしてしまうおそれがあります。
中でも特に心配しなければいけないのはクリニックや製薬会社、
健康食品やサプリメントなどのサイトです。

« Older Entries
Copyright(c) 2014 我が子に教えたい薬事法 All Rights Reserved.