薬事法違反を犯してしまった場合

2015-02-27

健康補助食品、また健康グッズなどは何かと話題になる薬事法で制限されている商品にはなりません。
ご存知では無いかもしれませんが、
気軽に購入できる医薬品等などと間違えられるような表現を提示したり、
広告活動をする際に行ってしまうと、
薬事法違反の表現となります。


国が定める薬事法に抵触した場合、
製造し販売をしている業者などの関連メーカーに限らず、
それらの広報戦略に関わっているの全スタッフに、
発売の責任を問われる場合もありえますので注意が必要となるでしょう。


人気のブルーベリーサプリメントを販売する場合、
「毎日飲み続けると疲れが溜まっている目が改善方向へと向かいます!」「視力回復に効果アリ!」などと実際の効果の言葉をユーザーに伝えることをしたくなりますが、
このような言葉はすべて薬事法に触れてしまうことになります。


あの有名医師が監修など、医師などが開発に関わっていることを名言し、
商品の名前に使用することも国の薬事法においては、
禁止事項です。
「購入者の意見」として消費者などからの意見であっても、
NGです。


薬事法についての従順に対してちょっと理解していない中小の企業が逮捕されることも多く報告されています。
薬事法に対する理解が足りない傾向にあることで、
意外な所で法律を犯してしまうからです。


HPのデザインが画期的だったとしても、
法律の薬事法を理解していなければ、
理解していないところで抵触をしてしまうおそれがあります。
中でも特に心配しなければいけないのはクリニックや製薬会社、
健康食品やサプリメントなどのサイトです。

ドラッグストアの医薬品などは

2015-02-01

サイトレイアウトが納得の出来だったとしても、
日本の薬事法を知らなければ、理解していないところで抵触するおそれがあります。
それらの中でも特に気をつけなければいけなのは製薬業者やクリニック、
健康補助食品やコスメなどのサイトなのです。


国の薬事法に抵触しない宣伝方法では、
販売している商品の素晴らしさを伝達することができなく、
利益が落ちると楽観視していませんか?国が定める薬事法を遵守し、
魅力いっぱいの広告を作ることが必要です。


医薬品と誤認されるような告知の方法を実行すると、
サプリなどはいわゆる薬事法や健康増進法に違反をしてしまう可能性があるのですが、
消費者が見てあからさまに食品の場合でしたら、
違法行為では無いです。


販売をする場合、「きちんと飲むと疲れた目が治ります!」「視力回復効果あり!」などと話題のブルーベリーサプリを実際の効果を伝達することしたくなりますが、
このようなことはすべて国の薬事法に抵触します。


俗にいう医薬品などを製造して販売、
コマーシャルをする場合にやはり見過ごすわけにはいかないのが何かと話題になる薬事法です。
保健衛生における活性化を図ることを目的として作られた法律となります。


さらに効果的に人気商品を実感させようとする販売の方法をした結果、
国が定める薬事法に抵触していると思う不適切な宣伝の記事がインターネットの世界には溢れてしまっているので気を付けてください。


食品の販売に関する国の薬事法に抵触した場合に対しての処罰は重くなっています。
全国的に有名なサプリ会社でも、
販売停止などを命令されたCASEもありますので覚えておきましょう。

日本の薬事法で規制されている

2015-01-23

「利用することによってエンジング効果を自分のものにすることが出来るスグレモノなんです!」「2週間で5キロの減量実現!」など、
国の薬事法に抵触に効果効能を言葉にする宣伝文章はなるケースがありますので利用しないようにしましょう。


市販されている医薬品などを製造、
販売、広告を出す際に、兎に角関係するのが薬事法です。
保健衛生の躍進を最もな要因として今も昔も存在する大切な法律の一つです。


人気のブルーベリーサプリメントを市場へ出す時、
「毎日飲み続けると不健康な目が改善に向かいます!」「視力回復効果あり!」などと効果効能の言葉を伝達したくなりますが、
このようなことは全て国が定める薬事法に違反になります。


食材の販売についての薬事法に触れてしまった場合に対してのペナルティというのは結構重いものです。
全国的に有名な食品メーカーであったとしても、
商品のすべて回収などを言われた報道もあるので覚えておきましょう。


やはりいわゆる医薬品等を製造して販売、
そして販促活動をする場合に見過ごすわけにはいかないのが俗にいう薬事法です。
保健衛生における躍進を最もな目的として考案されている重要な法律です。


法律の薬事法をいわゆる医薬部外品が、
さらに難しくしている原因の一つです。
薬局の医薬品等に準ずるような成分はありますが、
そこまで高く得られる効果が事実認められていないのが簡単に購入出来る医薬部外品なのです。

企業スタッフや

2015-01-05

国が定める薬事法を知らなければ、
ホームページの内容が納得の出来だったとしても、
意外なところで触れるおそれがあります。
製薬業者やクリニック、化粧品や健康補助食品などの一番集中する必要があるのは宣伝サイトです。


健康に良い食品を発売する場合に、
日本の薬事法では、医薬品と間違えてしまわないような宣伝文章の表現を選ぶ必要があります。
把握していないところでそれらを学ばなければ、
違法な行為をしているわけです。


医薬品などは、各商品毎に容器、または直接の被包に特記する重要事項などが決定しています。
この特記する項目等は俗にいう「法定表示」と呼んでいます。


宣伝の広告スペースが小さかったりビッグな広告を打たないから心配無いだろうと思っていたりしていませんか?もし薬事法の内容に触れてしまった表現が採用された時、
販売停止などを違法ということで命じられたケースがあるので検討しましょう。


市販の医薬品などの効果の結果、
安心面の確保などの化粧アイテムの使用前後の図面や画像等の表現は、
保証する言葉となりますので法的に薬事法が定めることでは処分対象となります。


法律の薬事法では、ドクター監修など、ドクターが研究開発に携わっていることを公言し、
その商品の名称にすることも抵触することになります。
消費者などからの「購入者の意見」として感想であっても、
違法となります。


ブルーベリーエキス配合のサプリを市場に出す時、
「毎日飲むと不健康な目が解消方法へと導きます」「視力アップ間違いなし!」などと期待できる効果の言葉をユーザーに伝えることをしたくなりますが、
これらはすべて薬事法違法です。

俗にいう薬事法に

2015-01-05

「安全面に関してはご安心ください!」「身体に悪影響無し」等の、
性別、年齢など関係無しに効能を得ることができ、
また安心だということをメーカーが保証する言葉は薬事法違反を犯してしまうことになります。


その宣伝に関係している全ての関係者に、
開発製造、販売をしている業者などのメーカーなどに限ったことではなく、
薬事法に違反してしまった場合、
違法の責任を問われる場合も考えられますので慎重に行うことが必要なことです。


「使用することによって若々しさを成功することが出来るスグレモノなんです!」「あっという間に痩せます!」など、
薬事法における違反に主な効果を表現する表記する文章はなるケースがありますので避ける必要があります。


アイテムの主な効果を表現して広告やサイトを正社員や知識を理解していない制作会社が企画するととにかく「売りたい!」という気持ちが表に現れてしまい、
日本の薬事法に抵触するケースも考えられます。


販売ノルマ達成のため宣伝部レベルで気づかないうちに薬事法における違反になる表現を使っているケースが意外にも多く、
グーグルなどの検索サイトのチェックに抵触することによってはじき出されてしまうことになることがあります。


薬事法に違反することの無い広告では、
販売商品の魅力を世間に伝えることが出来なく、
人気がダウンすると簡単に考えていませんか?いわゆる薬事法を遵守し、
印象の良い広告を提案することがとっても大切です。


健康食品、またサプリメントなどは俗にいう薬事法で制限されている対象のものではありません。
しかしですが、市販の医薬品などと間違えられるような言葉を掲示したり、
コマーシャルをする場合に展開すると、
薬事法を守らなかった表現となります。

« Older Entries
Copyright(c) 2014 我が子に教えたい薬事法 All Rights Reserved.