それらの宣伝に

2014-12-12

宣伝部レベルで気が付かないうちに収益向上のため薬事法に触れる表現を使用してしまっている場合が意外にも多く、
Google村八分にGoogleやyahoo!などのチェックに引っかかってしまうことによってなる場合があります。


薬事法の内容では、有名ドクターオススメ!など、開発段階に関わっている事実を名言し、
アイテムの名称に使用することも禁止事項です。
いわゆる消費者からの「利用者の感想」としてクチコミであっても、
それはNGとなります。


市販されている医薬品などは、各商品ごとに個別の容器、個々の被包に必ず書く必要のある重要事項等が決定しています。
この必ず記載しなければいけない項目等は「法定表示」と言われています。


「安全性は問題なし!」「トラブルなし!!」などなど、
使用者の性別、年齢等を問わず使用効果を得ることができ、
また安心安全だということを会社が保証するような言葉は薬事法を守らなかった表現になります。


「トラブル無し」「安全面に関しては確認済!!」などなど、
効果効能を実感することができ、
状態の要因や使用者の性別、年齢等一切問わずまた安心安全だということを会社が保証するような言葉は薬事法を守らなかった表現になります。


市販されている医薬品などは、かく商品毎に直接の容器、または被包に必ず表記する必要のある文章等が指定されているのです。
この必ず書く必要のある重要事項などは俗にいう「法定表示」と呼んでいます。

「ピーリングをすることで

2014-12-12

「トラブル事例無し!」「セーフティ面はチェック完了です!」等などといった、
効能を実感することができ、現在の体の状態や性別、年齢等一切問わず安心のものであるということを保証する言葉は薬事法における違反になります。


サプリメントなどを販売をする時に、
いわゆる薬事法では、あたかも医薬品と間違えないような販促の表現を使うことが重要です。
意外な所でそれを理解しなければ、
いわゆる違法行為をしてしまいます。


さらなる販売促進のため宣伝部間で気が付かないうちに薬事法違反を犯してしまう表現を使用しているケースがとっても多く、
yahoo!などの検索エンジンのチェックに触れてしまうことによって村八分状態になってしまう場合も考えられます。


販売商品をより購買力を高めるために魅せようとする販売の方法をした結果、
オンライン上には薬事法に触れると思われます違法の宣伝記事が溢れているので気を付けてください。


国が定める薬事法では、健康補助食品などを販売をする時に、
あたかも医薬品と間違えないような販促の表現を使うことが重要です。
それらを勉強しなければ、理解していない所でいわゆる違法行為をしてしまいます。


「いわゆるピーリングによってアンチエンジング効果を成功することが可能なスグレモノ!」「2週間で5キロの減量実現!」など、
薬事法の内容に触れてしまうことに期待できる効果を言葉にするセールストークはなる場合もあるので避ける必要があります。


制作担当者や法律をあまり理解していない制作会社がホームページやパンフレットを制作してしまうと少しでも多く売りたいという思いが生じてしまい、
アイテムの期待できる効果を表現して国が定める薬事法に抵触するケースも十分にあります。


口に入れる物の販売についての国から決められた薬事法に抵触した場合に対しての罰則は結構厳しいものです。
大きなサプリ販売会社でも、出荷停止や商品回収を言われたケースもあるので事前に検討しましょう。

会社の商品を

2014-12-12

「一週間でキロ減量!」「使用することでアンチエンジング効果を自分のものにすることが出来るオススメのもの!」など、
効果効能を言葉にする表記の記事は薬事法に触れることになるケースがありますので気を付けてください。


国が定める薬事法では、人気のサプリ等を販売をする時に、
医薬品と同列と間違えないような販売促進活動の表現を使わなければいけません。
それを学習しなければ、予想もしていなかったところで法律違反をしてしまっているワケです。


絶対に気軽に購入できる医薬品等を製造して販売、
広告活動をする際に見逃せないのが俗にいう薬事法です。
保健衛生における促進を図る目的として考案された大切な法律の一つです。


国が定める薬事法を俗にいう医薬部外品が、
もっと難しくしているワケの一つです。
ドラッグストアの医薬品などに準ずるような成分はありますが、
そこまで過大に実際の効果が認められていないのが簡単に購入出来る医薬部外品というワケです。


日本の薬事法を知らなければ、WEBデザインが画期的だったとしても、
意外な所で抵触する可能性があります。
製薬会社やエステ・クリニック、
コスメや健康補助食品などの一般的に気をつける必要があるのはホームページです。


会社の商品の魅力をいわゆる薬事法に違反しない販売促進活動では、
ユーザーに伝えることできなく、
利益がダウンすると考えてはいないでしょうか?素晴らしい広告を話題になる薬事法を遵守し、
作ることが大切です。


会社の商品をより魅力的に実感させようとするコマーシャルをした結果、
ネットの世界には国の薬事法に抵触しているとかんがえられるコピーライティングが溢れていますので避ける必要があります。


広告が小さかったりド派手な広告を出さないから特に心配は無いだろうと思っていたりしていませんか?万が一薬事法違反の表現があった場合、
店頭商品の回収などを法により命令されたケースがあるので知っておきましょう。

Copyright(c) 2014 我が子に教えたい薬事法 All Rights Reserved.