人気ドクター監修など

2015-04-24

何かと話題になる薬事法の従順に対してちょっと意識の足りない中小の企業が逮捕されることも多いです。
薬事法に対する基礎知識が足りていないことで、
考えられないところで法律を守られていないのです。


日本における薬事法で規制されているサプリメントや健康グッズなどは対象のものではありません。
念の為、勘違いされるような表現を市販されている医薬品等などと用いたり、
コマーシャルをする場合に行ってしまうと、
薬事法の内容に触れてしまった表現となります。


ホームページデザインが素晴らしかったとしても、
薬事法を知らなければ、考えられないところで触れてしまうおそれがあります。
なかでも特に注意点となるのはクリニックやエステ、
サプリや化粧品などの広告サイトです。


国の薬事法の法令の遵守に対する意識の低い中小の会社が取り締まりされるケースも多く報告されています。
薬事に対する内容が足りない傾向にあることで、
予想もしていなかった所で法律を遵守していないのです。


健康アイテムなどを販売をする時に、
法律の薬事法では、特殊な医薬品と間違えないような記事の言葉を使用しなければいけません。
気づかないうちにそれを理解しなければ、
違法なことをしてしまうことになります。


健康食品というのは医薬品と誤解されるような告知の方法をしてしまうと、
国が定める薬事法や健康増進法に抵触をしてしまう可能性がありえますが、
消費者が見て「これは食品だ!」というケースでしたら問題ありません。


社内のスタッフや知識の無い制作会社が、
パンフレットやホームページを作成すると、
販売したいという気持ちが強くなってしまい、
販売している商品の実際の効果を表現して何かと話題になる薬事法に抵触する可能性があります。


国が定める薬事法に違反しない広報活動では、
自社アイテムの素晴らしさを表すことが出来なく、
利益が生み出されないと楽観視していませんか?国の薬事法を遵守し、
ユーザーに魅了される広告を配信することが大切なことです。

さらに広報レベル向上させるために

2015-04-19

いわゆる医薬品というものは、かく商品ごとに決められた容器、
直接被包に記載する文章等が指定されているのです。
この表記しなければいけない項目などは「法定表示」と言われています。


いわゆる薬事法に抵触しない販促では、
会社の商品の魅力を消費者に伝えることが出来なく、
利益が生み出されないと楽観視していませんか?日本における薬事法を遵守し、
素晴らしい広告を使用することがオススメです。


「トラブル事例無し!」「セーフティ面は問題なし!」等の、
効果を期待通りに実感することができ、
性別、年齢等問わず安心安全であるということを保証してくれるような言葉は国から決められた薬事法に抵触してしまうことになります。


俗にいう薬事法を理解していなければ、
ホームページデザインがすばらしくても、
予想もしていなかったところで抵触するおそれがあります。
クリニックやエステ、サプリメントやコスメ商品などの一般的に注意が必要となってくるのは宣伝ホームページです。


いわゆる薬事法を俗にいう医薬部外品の存在が、
さらにややこしくしているワケの一つです。
医薬品というのに準ずるような特別な成分もありますが、
ほとんど得られる効果の事実が認められていないのがいわゆる医薬部外品というワケです。


ドクター監修など、医師が開発に関わっていることを名言し、
商品名にすることも法律の薬事法では、
違法になります。
「愛用者の口コミ」として消費者などからの感想であっても、
NGです。


医薬品と勘違いされてしまうような販売促進活動を実践してしまうと、
健康補助食品などは法律の薬事法やいわゆる健康増進法に違反をしてしまう可能性が十分にありますが、
第三者から見てあからさまに食品のケースでしたら、
特に心配は無いです。

理解していない所で法律を

2015-04-10

そもそも健康食品というのはジャンルが違う医薬品のような宣伝の方法を実行してしまうと、
国が定める薬事法や健康増進法に抵触をしてしまう可能性が確かにあるのですが、
みんなが見て食品だ!というケースでしたら、
問題無いです。


薬事法の内容では、専門医監修など、開発段階に関わっていることを表示し、
その商品の名称にすることも禁止になっています。
消費者からの「愛用者の意見」として感想であっても、
違反となります。


健康食品や健康雑貨などはいわゆる薬事法で制限されている対象ではありません。
ただ、医薬品などと間違えられてしまうような言葉を提示したり、
広告活動をする際に実践すると、
薬事法違反になります。


自社ホームページのデザインが画期的だったとしても、
俗にいう薬事法を理解していなければ、
考えられないところで違反をしてしまう可能性があります。
とくに注意が必要なのは、製薬会社やエステ・クリニック、
健康補助食品や化粧品などの広告サイトです。


人気のブルーベリーサプリを市場に出す時、
「毎日きちんと飲み続けると疲労が溜まっている目が解消します!」「驚きの視力回復効果!」などと実際の効果を伝えたくなりますが、
これらのことは全て国が定める薬事法に違反になります。


食品の販売に関する薬事法の内容に触れてしまった場合に対しての処罰は結構重いものです。
全国的に有名なサプリ会社であったとしても、
出荷停止などを命令された報道もありますのでしっかりと考えましょう。


人気ドクター監修など、開発段階に携わっていることを表示し、
販売商品の名称にすることも日本の薬事法では、
違法行為になります。
「利用者の意見」として消費者からの感想でも、
認められません。

気軽に買える医薬部外品が

2015-04-03

健康サプリ等は医薬品と同列にするようなコマーシャルを行ってしまうと、
何かと話題になる薬事法や健康増進法に触れてしまう可能性がもちろんありますが、
誰がみたとしても明らかに食品という場合でしたら問題は無いです。


気軽に購入できる医薬品等を作って販売し、
広告活動をする場合に絶対に外すことが出来ないのがいわゆる薬事法についてです。
保健衛生における躍進を一番の要因として存在する法律の一つです。


自社ホームページのデザインが画期的だったとしても、
いわゆる薬事法についてを理解していなければ、
意外なところで違反をしてしまう可能性があります。
なかでも特に集中する必要があるのはクリニックやエステ、
コスメやサプリなどのホームページです。


把握していない所で法律をいわゆる薬事法に対する内容が足りないことで、
守られていないのです。
いわゆる薬事法についての遵守に対して把握をしていない企業が取り締まりされる場合は多くあります。


薬事法等に違反しない販売促進活動では、
商品などの素晴らしさを伝えることが出来なく、
販売本数がダウンすると思っていたりしていませんか?薬事法などを遵守し、
印象の良い広告を作成することが重要です。


商品の得られる効果を言葉にしてチラシやパンフレットを会社スタッフや知識を理解していない制作会社が作成すると、
人気商品にしたいという思いが強くなってしまい、
日本の薬事法に抵触するケースも考えられます。


「1ヶ月で10キロ体重が減る!」「購入することによってアンチエンジング効果を成功することが可能な魅力的なもの!」など、
実際の効果を表現する宣伝記事は薬事法違反になる場合があるので注意してください。

俗にいう薬事法では

2015-03-31

いわゆる医薬品というものは、それぞれの商品毎に個々の容器、
個々の被包に表記しなければいけない文章などがあります。
この必ず表記する必要のある重要事項などはいわゆる「法定表示」です。


国から決められた薬事法に抵触した場合、
開発製造、販売をしている会社等の関係しているメーカーに限らず、
それらの販売促進活動に関与している皆様に、
広告の責任を問われることもありますので慎重に行うことが必要となるでしょう。


サイトのデザインがとっても素晴らしかったとしても、
何かと話題になる薬事法を理解していなければ、
意外なところで触れてしまうおそれがあります。
中でも特に気をつける必要があるのはクリニックやエステ、
健康食品やサプリメントなどのサイトなのです。


薬事法違反を犯してしまった場合、
開発販売をしている会社等のメーカーだけに限らず、
それらの広報戦略に順ずるみんなに、
販売の責任を問われる場合もありえますので注意が必要なことです。


「たった3日で5キロ減!」「いわゆるピーリングによって若々しさ効果を実現することが出来るオススメのもの!」など、
期待できる効果を言葉にする宣伝は薬事法に触れてしまうことになってしまうので避ける必要があります。


気軽に購入できる医薬品などを製造して販売、
広告を配信する場合にかならず外せないのが日本の薬事法です。
保健衛生をさらに高めることを要因として制定する日本の法律です。

« Older Entries
Copyright(c) 2014 我が子に教えたい薬事法 All Rights Reserved.